意外と狭い世間で再発見!


先日、仕事先でのこと。お仕事中必要な物を取りに行く必要が出たため、当時たまたまご一緒にシフトインしたお仕事の先方さんと事務所まで移動することに。
事務所は勤務地から少々遠く、バス移動を余儀なくされた。

バス下車後、何やら見慣れたような風景に親近感。
「あれっ??ここってもしやあそこの近くじゃない?」雰囲気が似ているので、記憶の嗅覚のようなものが働く私。
そして事務所まで歩いていく道中、聞き慣れた寺院の名前を発見。
やっぱりなあと予感が的中した。
そこは、親族の墓地を管理しているお寺の名前だったからだ。家族そろって車で毎年恒例のお墓参りに来るとき、どこをどう曲がってどんな風景が広がっているか、粗方の地図が頭に入っているのでパズルのピースがピタピタッとはまっていく感じがした。

いつもメインで来るのはお寺の方ではなく、あくまでも墓地のある霊園の方だったためこの発見は新鮮だった。
お寺を過るとき、山門名を見て「こんなところにあったのかぁ」と、一人納得。

お仕事でいつもいろいろなところに赴くのは楽しいもの。
今回、日ごろから馴染みのある身内のゆかりの地に意外と近かったことに驚いた。
意外と近いところに繋がりがある世間での興味深い発見だった。
これからも何かしら発見があることを楽しみにしている。